0007

西川材とひとつぼ茶室 – Ishikawa wood & Hitotsubo Tea House

表彰対象 西川材とひとつぼ茶室
表彰対象者 株式会社サカモト,飯能市
地区 埼玉県 飯能市

Ishikawa wood & Hitotsubo Tea House
Award Recipient: THE SAKAMOTO CO. LTD. & Hanno City
Area: Hanno City, Saitama

概要

「西川杉とひとつぼ茶室」は、「埼玉県飯能市」で育った杉・桧(西川材)と、その西川材を使用した「株式会社サカモト」による一坪の茶室を作るプロジェクトです。
西川材は、埼玉県南西部で育林した優良木材で、かつて江戸に流送したため「西の川からくるよい材」と呼び始めたことが、名前の由来とされています。
そのような歴史を持つ飯能市の森林文化の継承と普及を目指し、飯能市が地元である木工所「サカモト」と地域生産者、そしてデザイナーたちのチームによって「ひとつぼ茶室」は誕生しました。


Summary
The “Nishikawa Cedar and Hitotsubo Tea Room” is a project involving cedar and cypress wood (Nishikawa materials) grown in Hanno City, Saitama and the making of a one tsubo size (3.306m2) tea room by Sakamoto Co. Ltd using Nishikawa materials. Nishikawa materials are superior lumber raised in the south-western part of Saitama Prefecture, and their names came from the fact that when they were sent to Edo (Tokyo) in the past they were referred to as “good materials coming from Nishikawa.” Aiming for the succession and spread of forestry culture, which has a long history in Hanno City, the city created the “one tsubo tea room” using a team made up of the local carpentry shop “Sakamoto,” as well as other local producers and designers.

選考理由

【外国人審査員評】
今すぐにでも買いたい!
日本の伝統と美学が完全に融合しているうえに、サスティナブルな森からの木材と、アウトドアライフ。これは世界的に有名になるべきだよ!