0013

スノーモンキー

表彰対象 スノーモンキー
表彰対象者 株式会社地獄谷野猿公苑
地区 長野県 下高井郡山ノ内町

概要

地獄谷野猿公苑は長野県北部にあり、冬には多くの雪で覆われる豪雪地帯です。
サルの種族は熱帯や亜熱帯地域に生息し、日本のように雪の降る地域に生息する種は珍しく、ニホンザルは「スノーモンキー」と呼ばれます。
*ニホンザルはヒトを除く霊長類の中で最北端に生息する種であり、北限は青森である。
海外から多くの観光客が訪れる昨今、冬の厳しい雪の中、懸命に生きるサルたちの姿はまさに「スノーモンキー」の言葉通りであり、今では地獄谷野猿公苑のサルを示す言葉となっています。
地獄谷のサルたちは、公苑職員の餌付けの誘導によって「朝山から下りて来て、夕方山へ帰る…」という生活を続け、日中に公苑に訪れるものの、昔からの山での野生生活を変わらず行っている。
地獄谷野猿公苑は檻などがない環境の中でも安全に、その興味深い生態を観察できる場所です。冬の温泉に入る姿も印象的だが、あくまでサルたちの生活ワンシーンにしか過ぎず、四季を通して様々な姿や行動を楽しむ事ができます。

選考理由

【外国人審査員評】
地獄谷野猿公苑は、ヒトと野生のサルとの調和を目指し、成し遂げた人たちがいて、そういった歴史も含めて、本当に素晴らしい所だと私は思います。サルたちを柵などで閉じ込めることなく、自然のままのサルたちを間近で観察する事の出来る日本一の所だと思います。