0025

与路島 珊瑚石壁およびサガリバナ小径とハンミャ島

表彰対象 与路島 珊瑚石壁およびサガリバナ小径とハンミャ島
表彰対象者 瀬戸内町
地区 鹿児島県 瀬戸内町

概要

「与路島 珊瑚石壁およびサガリバナ小径とハンミャ島」は、鹿児島県大島郡瀬戸内町にある島と、その島にある文化と自然です。
瀬戸内町の最南端の有人島、与路島は、人口約90 人の小さく穏やかな島です。
壮大な海に囲まれたこの島では、レジャーとして釣りやダイビングなどで人気の島ですが、その歴史は古く、かつては琉球との繋がりもありました。
集落の中には「島の宝100」にも選ばれている「珊瑚石壁」が残り、文化遺産となっており、古い島の歴史を感じることができます。

選考理由

【外国人審査員評】
与路島は、海外旅行者からみて、見事な風景と未知のものがあるようです!また、珊瑚や珊瑚の壁(沖縄の竹富島など)や特別なサガリバナの花など、独自の自然があります。この島は多くの観光客にとって興味があると思います。