2019-018

商店街ホテル 講 大津百町

COOL JAPAN AWARD 2019
【一般部門】インバウンドカテゴリー
表彰対象 商店街ホテル 講 大津百町
表彰対象者 講大津百町(株式会社自遊人)
都道府県 滋賀県

概要

「街に泊まって、食べて、飲んで、買って」をコンセプトにする、新しい「メディア型ホテル」。雑誌やテレビ、インターネットでは得られない「リアルな体験」をテーマにしています。滋賀県大津市の商店街周辺に点在する7棟の町家を、さらに100年使えるようにリノベーション。泊まることで街が蘇る「ステイファンディング」という日本初の試みも導入。「ステイファンディング」ではお泊まりいただいた一人あたり150円を商店街に寄付します。企画、運営は、新潟県南魚沼市の「里山十帖」等を運営し、各地で「ホテルをメディア化」している(株)自遊人。施設オーナーは滋賀県竜王町の木の家専門店谷口工務店。建築設計は無有建築工房。

選考理由

【外国人審査員の代表的なコメント】
古民家を改装した宿には泊まったことがあるが、商店街の一角にあるなんて珍しい!ホテルよりもこういう日本的な宿に泊まることが外国人には絶対人気。古民家でありながら、内部は快適そのもの。何日でも滞在して日本の生活のシンプルな日常を過ごしてみたい。

KS5D9371