2019-030

「はやぶさ」「はやぶさ 2」

COOL JAPAN AWARD 2019
【一般部門】アウトバウンドカテゴリー
表彰対象 「はやぶさ」「はやぶさ 2」
表彰対象者 JAXA(宇宙航空研究開発機構)
都道府県 神奈川県

概要

小惑星探査機「はやぶさ」
将来の本格的なサンプルリターン探査に必須となる技術を実証することを目的とした、工学技術実証のための探査機。数々の困難を乗り越え、2010年6月13日、小惑星イトカワの表面物質搭載カプセルを地球に持ち帰ることに成功した。

小惑星探査機「はやぶさ2」
「はやぶさ」後継機として小惑星サンプルリターンを行う小惑星探査機。「はやぶさ」が探査した小惑星イトカワ(S型)とは異なる種類の小惑星リュウグウ(C型)を探査することで、惑星の起源だけでなく地球の海の水の起源や生命の原材料をも探求する。2019年2月、リュウグウへのタッチダウンに続き、同年4月にはクレーター生成にも成功。2020年末にリュウグウから採取した物質を地球に持ち帰る予定。

選考理由

【外国人審査員の代表的なコメント】
外国人から日本の精緻な技術の結集した宇宙機器はまさに日本人らしいクール!