2019-044

八幡平ドラゴンアイ

COOL JAPAN AWARD 2019
【National Park 部門】
表彰対象 八幡平ドラゴンアイ
表彰対象者 仙北市・八幡平市観光協会/十和田八幡平国立公園
都道府県 秋田県

概要

秋田県仙北市の田沢湖~八幡平を結ぶ国道341号線とアスピーテラインは、龍ゆかりのたつこ姫のいる田沢湖、龍のように体をくねらせながら蛇行する玉川、その最上流部に位置する八幡平の頂上付近に5月下旬から6月上旬頃のみ姿を表す鏡沼(八幡平ドラゴンアイ)やメガネ沼を巡る山岳道路。
ドラゴンアイが開眼する5月下旬から6月中旬頃、沿道の宝仙湖や秋扇湖には、芽吹き始めた新緑が水につかる水没林が各所に見られ、残雪のブナ林とともに、映えスポットを巡れます。
また八幡平市へと抜けるアスピーテラインは、秋田県側、岩手県側ともに、4月下旬から高い雪壁に囲まれた雪の回廊として人気があり、県境を越えた絶景巡りが楽しめます。

選考理由

【外国人審査員の代表的なコメント】
大自然が作った奇跡だと思います。ドラゴンアイはもちろん素晴らしいが、山頂までには車やバスの路線コースと色々散策コースもあり、ドラゴンアイ以外にも色々楽しめる場所です。

めがね沼