sabae

鯖江のめがね

COOL JAPAN AWARD 2015 受賞
ジャンル 産業
表彰対象 鯖江のめがね
表彰対象者 一般社団法人福井県眼鏡協会様
地区 福井県鯖江市
URL http://www.megane.gr.jp/contents/association.html

概要

鯖江市では、多くの世帯が特産である眼鏡関連の産業に関わっておられます。
キャッチコピーは”めがねのまち さばえ“
就業者の6人に1人はメガネ産業に従事されています。
また、赤いめがねが目を引く「めがねミュージアム」は、“めがねのまち”さばえのシンボルとなっています。
日本の眼鏡フレーム生産の約96%を占める鯖江市を中心とした福井県のめがねは、チタンフレームなどの新素材開発や、優秀な加工技術などが世界的にも高く評価されています。

選考理由

福井県の眼鏡産業は100年を越える歴史と伝統があり、イタリア、中国と並び世界三大産地の一つで、世界シェア20%を占めています。技術力、開発力、品質力などに於いて、世界に冠たる産地であり、特にチタン素材によるメガネ枠の製造を一般消費財としては世界で始めて1980年代前半に確立し、世界市場へ軽くて丈夫なメガネ枠を供給されました。
伝統産業に革新的な技術 を取り入れ、営々と育まれたその技術力の高さを称え、表彰いたします。

受賞者コメント

鯖江が誇る技術力、開発力、品質力が評価されて大変光栄である。
クールジャパン認定は、われわれ眼鏡産地にエールを送っていたいたものと思っている。
これを産地の証として、「Sabae Megane Japan」の名の下に、産地全体が力を合わせてなお一層、国内はもとより世界に発信して参りたい。